写真で綴る野良猫達の物語


by nekogatari

タグ:写真の話 ( 24 ) タグの人気記事

MARさん、Hoshinoさんありがとうございます。
読みながら感心しつつ、ちょっと安心しました。
というのも、お二人が書かれた事って、私が実践してきたことだから。
ああ、自分がやってた事って間違いじゃ無かったなぁって、そういう安心。

お二人の言葉をまとめてみると。

MARさん
1. 何でも、どうして?って思える事が大事
2. 自分の撮る写真に満足しない
3. 猫への想い

Hoshinoさん
1. いっぱい撮る
2. 色々な写真を見る
3. 多くの人に見せる
4. 人の意見を聞く

 そして、「近道は無い」

MARさんのは心構え、Hoshinoさんのは、実践方法という感じですね。
どちらの言われる事も、とても大事なことですね。
おまけに互いの言葉がそれぞれきちんと補間されていて、一層いいアドバイスになってる。
これを実践すればきっと写真が上達するだろうなぁ…。

b0157751_20311460.jpg

でも、果たしてホントだろうか??

-続く-
[PR]
by nekogatari | 2008-07-15 20:37 | H2
Hoshinoです。

写真の上達には、近道はありません。

① 「いっぱい撮る」
クライマーズハイって感じかな。苦しくて、逃げ出したくて、迷って、、、でも、その先にしか見えない地平が有るんです。「写真を撮るのが楽しくて!」じゃマダマダ。夢でうなされて目が覚める位まで自分を追い込まなきゃ。

②「色々な写真を見る」
世の中には、自分より上手い奴は3万人はいると思った方がいいです。とにかくギャラリーや美術館を見て、凹んで下さい。 あらゆるジャンルの写真を貪って下さい。そこからがスタートです。

③「多くの人に見せる」
写真って『紙』なんですよ。紙に焼いて初めて「オリジナル作品」になるんです。だから、インクジェットだって銀塩だって何でもいいから、とにかくプリントして下さい。 そして、たとえ身内や友人でもいいから「見せて」下さい。見て貰って初めて完結するんですよ。

④「人の意見を聞く」
仲良しサークルじゃなく、『ダメ出し』をしてくれる人の意見を素直に聞けるかどうか、、、これが一番重要です。
褒められたくて、同次元の仲間でおだてあってる方が、楽しいし、傷付くこともないでしょう。それでも良いんですよ、趣味なんだから。でも、もし写真が上手くなりたいんだったら、尊敬できる人(別に写真とは関係無いクリエーターでも良いんです)の忌憚の無い意見に耳を傾けて下さい。その方が、遥かに豊かな人生のはずですから。

b0157751_14372988.jpg

[PR]
by nekogatari | 2008-07-14 14:30 | Hoshino
MARです。
プロの方や、ベテランの方に、何か特別な事してますか?って聞いても
返ってくる返事は、別に何もしてないよ ...。

でも、よく話を聞いてると、場面ごとに露出を変えたりとかしてるんですよね。
それって多分、いじわるで教えないんじゃなくて、プロやベテランの方には、
当たり前の事であって、特別な事じゃない。
でも初心者の頃の自分にとっては、露出を変えるって事や、当たり前の事が
すごく特別な事に思えたりしてました。

例えば、よく光を読めって言われるけど、ただ光を読むだけじゃいけない事に気がつくんですよ。光にも色んな性質があって、その光が、写真にどう影響を与えるのか、その光を活かすにはどういう露出で撮影すればいいのか...。
光を読んで、コントロールするって言うのかな。
でも、これってやっぱり経験して覚えていく事だと思うし、何でも、どうして?って思える事が大事だと思いますよー。自分の撮る写真に満足してしまったら、そこで終わりだと思うし。
まあ、でも僕ら猫を撮る者にとっては、技術的な事も大事だけど、一番は猫への想いですよね。
何か、だらだら書いてしまいましたが、どうやったら写真が上手くなるのかって事でした....。
うーん、それは僕もいつも思っている事だし、僕にはわかりません。

Hoshinoさん、よろしくお願いします。
b0157751_512594.jpg

[PR]
by nekogatari | 2008-07-14 04:39 | MAR
b0157751_1556098.jpg

写真を撮り始めた頃、カメラが吐き出す絵の美しさに驚いた。
「やっぱりデジタル一眼レフっていい写真が撮れるんだなぁ」っと思ったりしたモンです。

ところが、しばらく経つと。
自分の写真がどれも同じように見えることに気づいた。
色んな猫を撮っているのに、猫の顔はどれも同じ。
一生懸命工夫して、考えて、色んな角度から撮ってみたりするのだけど。
やっぱり同じ様な写真ばかり。
どうしてなんだろう。

世の中には素敵な写真を撮る人がたくさん居る。
プロの方なんて、雰囲気もあってその場の空気を感じるような作品を普通に発表している。
やっぱり機材が違うのだろうか?
そんな風に考えたこともあった。
でも、プロの中には、コンデジ(リコーのGR DIGITALとか) なんかでも、すごく素敵な作品を撮ってたりする。
ということは、機材でなく腕の問題かぁ…。

もしかしてカメラの設定にコツでもあるのか?
絞り?シャッタースピード?
ううぅ…、判らない。
プロってなにか特別なことをやってるのか?
誰かぁ~、助けてぇ!


ここういうことって誰でも一度は通る道だと思うんだ。
そして、ここから抜け出せない人もけっこう居るんじゃないだろうか。

Hoshinoさん、MARさん どうやったら写真が上手くなるの?
上達の秘訣、あったら教えて欲しい。
[PR]
by nekogatari | 2008-07-13 15:56 | H2