写真で綴る野良猫達の物語


by nekogatari

真夜中の太陽 (MAR)

b0157751_10454475.jpg

[PR]
# by nekogatari | 2009-07-18 10:46 | MAR

朝の始まり

b0157751_21223042.jpg

高いビルが林立するこの場所では、日が差すのに時間が掛かる。
朝はゆっくり、そっと静かにやってくる
[PR]
# by nekogatari | 2009-07-15 21:23 | H2

学 (akimoto)

猫写真 182 (EOS 40D)


猫写真 183 (EOS 40D)
(2008.07.28)

小さい生き物は、生きたまま子猫に渡されます。

More
[PR]
# by nekogatari | 2009-07-13 10:57 | akimoto

さあ、はじめよう

b0157751_22204670.jpg

そうだね。
この一年、Hoshinoさんが引っ張ってくれた分はけっこう大きかったと思う。
もしかしたら写真展だって、開催していたかどうか判らない。

そして僕らは、Hoshinoさんからバトンを渡された。
この「東京 猫語り」を続けることで、そのバトンを受け取った。

受け取ったバトンの重さに負けないよう。
しっかりと前を向いて走らなきゃいけない。
[PR]
# by nekogatari | 2009-07-11 14:04 | H2

3

3

東京に来て、はじめて撮影したときに出会った3匹の猫たち。

同時期に野良猫写真家3人が顔を合わせることになった。

そしてこのブログが始まった。

あれから1年。

僕の東京での活動は、この「東京 猫語り」の歴史でもある。
星野さん、原さんという仲間に出会い、先行き不安な僕の力になってくれた。

今回、そのうちの一人、星野さんが、脱退された。

それについては、触れずにこのままブログを続けるのが本当はいいのかもしれない。
星野さんも、それを望んでいると思う。
でも、それはかっこ付けすぎだ。

僕は、このまま何事もなかったかのような顔で、心に、もやもやした物を引きずったまま、
活動できるような大人ではない。

一言だけ...星野さんと共に活動できたことは、僕らにとって財産です。
1年間本当にありがとうございました。
東京という縛りがなくなった星野さんの作品をこれからも楽しみにしています。


そして「東京 猫語り」 第二章へ
新メンバーにakimotoさんを迎え、これからも東京の猫たちを写真で綴っていきたいと
思っています。これからも「東京 猫語り」をよろしくお願いします。
[PR]
# by nekogatari | 2009-07-08 16:16 | MAR

ネムノキの下で (akimoto)

b0157751_161712.jpg

[PR]
# by nekogatari | 2009-07-06 16:16 | akimoto

member: akimoto (akimoto watari)



BLOG
ゆるい島


撮影機材
Canon EOS 40D
SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM



猫写真 1445 (EOS 40D)

(2009.10.10写真を変更しました)
[PR]
# by nekogatari | 2009-07-04 21:14 | akimoto

この道を歩いていこう

b0157751_13395680.jpg

この道を歩いていこう 
   踏みしめる足元の感触を噛み締めながら

この道を歩いていこう
   頬を撫でる風の優しさを感じながら

この道を歩いていこう
   目に映る景色を心に妬きつけながら

この道を歩いていこう
   道行く人に見守られながら

この道を歩いていこう
   その先にあるものを確かめるために


☆物語はまだまだ続きます。

メンバーに入れ替わりがありました。
新メンバーもまた、別の視点で「東京 猫語り」を綴ってくれることでしょう。
[PR]
# by nekogatari | 2009-07-04 13:42 | H2

ラブレター。 (MAR)

b0157751_12325285.jpg


何事もなく、記憶から消えてしまいそうな夜。
君に出会うだけで、僕にとって特別な夜に変わる。


絶対、こんな事、人前じゃ言えないな^^;
[PR]
# by nekogatari | 2009-07-01 12:44 | MAR