写真で綴る野良猫達の物語


by nekogatari

<   2008年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

雨上がり (H2)

b0157751_22204131.jpg

Hoshino wrote:
そう、「空気感」を表現出来る人って、写真を見てくれた人に対し『どんな記憶のスイッチを入れて貰おうか』まで想像してイメージを創造出来る人なんですよ。

どうって事無いでしょう? ただの紙から「空気感」を感じられる人であれば、それを表現出来ないはずが無いでしょう?


この部分、目からうろこです。
そっか、写真って結局は2次元で色が置かれている物なんですよね。
それを見て空気を感じるということは、空気を色で表現しているということなのか。

今度、空気を読んで写真を撮ってみよっと。

次のお題は、「上手い写真」の基準かぁ。
良いですねぇ。

で、そのままMARさんへ スルーパス。
[PR]
by nekogatari | 2008-07-16 18:52 | H2

祈り (Hoshino)

b0157751_1424330.jpg

ちゃぶ台返しのHoshinoです。

ところで、「上手い写真」って基準は、何なんだろうね? 
[PR]
by nekogatari | 2008-07-16 14:29 | Hoshino
Hoshinoです。

フィルムは光を正確に受けるだけなので、写った写真は(その時の光によって)青くなったり赤くなったりしますよね。 デジタルカメラは光を集めに行くんですよ。 集めて考えて、そして妥協点を創造するんです。 ホワイトバランスをオートにしておけば、普通に人間が認識したイメージになりますよね。 

さて、どうして私達は『写真』を見て、「雰囲気」や「空気感」を感じるんでしょう?

それは、過去の膨大な経験から蓄積された「記憶」と、目の前の「画像」とを照合し、想像して、そこにあるはずも無い「ニオイ」や「温度」を感じるんじゃないでしょうか。

そう、「空気感」を表現出来る人って、写真を見てくれた人に対し『どんな記憶のスイッチを入れて貰おうか』まで想像してイメージを創造出来る人なんですよ。

どうって事無いでしょう? ただの紙から「空気感」を感じられる人であれば、それを表現出来ないはずが無いでしょう?

イマドキのカメラは高性能過ぎて、まるで数式を解き明かすかのように正確な画像しか吐き出さないんです。 「絵作り」ってそうじゃないんですよ。 自分の記憶色で良いんです。 もっと言えば、ホワイトバランスは「太陽光」で良いんじゃないかな。5200°で。 そう、フィルムの時代のように時々刻々と変る光の色こそが、魂を揺さぶるんじゃないかな。
b0157751_04543.jpg

( ↑ ホワイトバランス:太陽光  ピクチャースタイル:風景)

( ↓ ホワイトバランス:オート   ピクチャースタイル:スタンダード)
b0157751_0433470.jpg

【この記事は、Hoshinoの超主観的且つ独善的な考えで書いてます。その点、ご了承ください】
[PR]
by nekogatari | 2008-07-16 00:40 | Hoshino
MARさん、Hoshinoさんありがとうございます。
読みながら感心しつつ、ちょっと安心しました。
というのも、お二人が書かれた事って、私が実践してきたことだから。
ああ、自分がやってた事って間違いじゃ無かったなぁって、そういう安心。

お二人の言葉をまとめてみると。

MARさん
1. 何でも、どうして?って思える事が大事
2. 自分の撮る写真に満足しない
3. 猫への想い

Hoshinoさん
1. いっぱい撮る
2. 色々な写真を見る
3. 多くの人に見せる
4. 人の意見を聞く

 そして、「近道は無い」

MARさんのは心構え、Hoshinoさんのは、実践方法という感じですね。
どちらの言われる事も、とても大事なことですね。
おまけに互いの言葉がそれぞれきちんと補間されていて、一層いいアドバイスになってる。
これを実践すればきっと写真が上達するだろうなぁ…。

b0157751_20311460.jpg

でも、果たしてホントだろうか??

-続く-
[PR]
by nekogatari | 2008-07-15 20:37 | H2
Hoshinoです。

写真の上達には、近道はありません。

① 「いっぱい撮る」
クライマーズハイって感じかな。苦しくて、逃げ出したくて、迷って、、、でも、その先にしか見えない地平が有るんです。「写真を撮るのが楽しくて!」じゃマダマダ。夢でうなされて目が覚める位まで自分を追い込まなきゃ。

②「色々な写真を見る」
世の中には、自分より上手い奴は3万人はいると思った方がいいです。とにかくギャラリーや美術館を見て、凹んで下さい。 あらゆるジャンルの写真を貪って下さい。そこからがスタートです。

③「多くの人に見せる」
写真って『紙』なんですよ。紙に焼いて初めて「オリジナル作品」になるんです。だから、インクジェットだって銀塩だって何でもいいから、とにかくプリントして下さい。 そして、たとえ身内や友人でもいいから「見せて」下さい。見て貰って初めて完結するんですよ。

④「人の意見を聞く」
仲良しサークルじゃなく、『ダメ出し』をしてくれる人の意見を素直に聞けるかどうか、、、これが一番重要です。
褒められたくて、同次元の仲間でおだてあってる方が、楽しいし、傷付くこともないでしょう。それでも良いんですよ、趣味なんだから。でも、もし写真が上手くなりたいんだったら、尊敬できる人(別に写真とは関係無いクリエーターでも良いんです)の忌憚の無い意見に耳を傾けて下さい。その方が、遥かに豊かな人生のはずですから。

b0157751_14372988.jpg

[PR]
by nekogatari | 2008-07-14 14:30 | Hoshino
MARです。
プロの方や、ベテランの方に、何か特別な事してますか?って聞いても
返ってくる返事は、別に何もしてないよ ...。

でも、よく話を聞いてると、場面ごとに露出を変えたりとかしてるんですよね。
それって多分、いじわるで教えないんじゃなくて、プロやベテランの方には、
当たり前の事であって、特別な事じゃない。
でも初心者の頃の自分にとっては、露出を変えるって事や、当たり前の事が
すごく特別な事に思えたりしてました。

例えば、よく光を読めって言われるけど、ただ光を読むだけじゃいけない事に気がつくんですよ。光にも色んな性質があって、その光が、写真にどう影響を与えるのか、その光を活かすにはどういう露出で撮影すればいいのか...。
光を読んで、コントロールするって言うのかな。
でも、これってやっぱり経験して覚えていく事だと思うし、何でも、どうして?って思える事が大事だと思いますよー。自分の撮る写真に満足してしまったら、そこで終わりだと思うし。
まあ、でも僕ら猫を撮る者にとっては、技術的な事も大事だけど、一番は猫への想いですよね。
何か、だらだら書いてしまいましたが、どうやったら写真が上手くなるのかって事でした....。
うーん、それは僕もいつも思っている事だし、僕にはわかりません。

Hoshinoさん、よろしくお願いします。
b0157751_512594.jpg

[PR]
by nekogatari | 2008-07-14 04:39 | MAR
b0157751_1556098.jpg

写真を撮り始めた頃、カメラが吐き出す絵の美しさに驚いた。
「やっぱりデジタル一眼レフっていい写真が撮れるんだなぁ」っと思ったりしたモンです。

ところが、しばらく経つと。
自分の写真がどれも同じように見えることに気づいた。
色んな猫を撮っているのに、猫の顔はどれも同じ。
一生懸命工夫して、考えて、色んな角度から撮ってみたりするのだけど。
やっぱり同じ様な写真ばかり。
どうしてなんだろう。

世の中には素敵な写真を撮る人がたくさん居る。
プロの方なんて、雰囲気もあってその場の空気を感じるような作品を普通に発表している。
やっぱり機材が違うのだろうか?
そんな風に考えたこともあった。
でも、プロの中には、コンデジ(リコーのGR DIGITALとか) なんかでも、すごく素敵な作品を撮ってたりする。
ということは、機材でなく腕の問題かぁ…。

もしかしてカメラの設定にコツでもあるのか?
絞り?シャッタースピード?
ううぅ…、判らない。
プロってなにか特別なことをやってるのか?
誰かぁ~、助けてぇ!


ここういうことって誰でも一度は通る道だと思うんだ。
そして、ここから抜け出せない人もけっこう居るんじゃないだろうか。

Hoshinoさん、MARさん どうやったら写真が上手くなるの?
上達の秘訣、あったら教えて欲しい。
[PR]
by nekogatari | 2008-07-13 15:56 | H2
HP(メインサイト)
Beloved Stray Cats
野良猫ブログ
路上のルール
日常写真ブログ
in Daily Life

☆写歴
1995年、それまで勤めていた美容院を突然辞めて
写真の世界へ。富士フィルム系のラボで働きながら
写真の勉強を始める。ブレッソン、エリオット・アーウィットに影響を受けながら
ストリートスナップを撮り続ける。

猫を本格的に撮り出したのは2005年から。

☆撮影場所

北九州にいた頃は、島猫をメインに撮影。
2008年5月、東京に拠点を移してからは
主に下町の猫を撮っていますが、まだまだこれからです。
都会の片隅や隙間に生きる猫たちの姿を撮影していきたいと思っています。

☆使用機材(camera&lens)

NikonD700
NikonD200
NikonD70
NikonF3
NikonF4
NikonF6

AF-S DX Zoom Nikkor ED 17-55mm F2.8G(IF)

Ai Nikkor 28mm F2.8S

Ai Nikkor 50mm F1.2S

Ai AF Nikkor24mm F2.8D
Ai AF Nikkor 35mm F2D
Ai AF Nikkor50mm F1.4D
Ai AF Nikkor 85mm F1.8D

AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED
Ai AF Nikkor ED 180mm F2.8D(IF)

ContaxG1
Planar T*45mm F2

演出写真は苦手。猫も人も自然体で接していきたい。
許された者だけが見る事のできる彼らの世界を写真を通して
伝えていけたらと思っています。
b0157751_10224851.jpg

[PR]
by nekogatari | 2008-07-13 05:44 | MAR
HP (メインサイト)
WANGAN NEKO

カメラ遍歴(偏暦?)
約四半世紀前、オリンパスOM-1で一眼レフデビュー。(当時からマイナー嗜好か?)
CanonA-1→NewF-1→PENTAX67→EOS-5→EOS-1V→CONTAX645
猫写暦は、2005年3月26日~なので、まだまだです。
現在、デジタルオンリーで撮影してます。

撮影場所

海沿いが多いです。

撮影スタンス

「気高く、一生懸命生きる猫」がコンセプトです。

望遠系レンズを多用し、出来るだけ猫との間合いを詰めないで撮るのがスキです。
「カメラ目線なのに、私を見ていない」、「猫が猫を見つめるような視線」 、、、そんな写真が究極の目標です。
好きな撮影時間帯は、日没前20分~日没後20分。 それと真夏の夜8~9時頃。
(朝の光は苦手なんです。)
好きな季節は8月~9月、そして2月~3月。 (月齢も重要な要素です。)
一般的に好まれる、わかり易い季節(桜とか紅葉とか)は苦手です。

既存の概念に囚われず、自由気ままな撮影がモットーです。

使用機材:
 
 カメラ
・Canon EOS-1DsⅢ
・Canon EOS-1DⅢ
・Canon EOS-5DⅡ

 常用レンズBEST3(2008/12/07現在)

・EF300mm F2.8L IS
・EF200mm F2.0L IS
・EF70-200mm F2.8 L IS

b0157751_1384525.jpg

[PR]
by nekogatari | 2008-07-13 01:55 | Hoshino
BLOG:
ネコは猫でも... (野良猫写真)

カメラ暦:
2006年12月末 自宅の猫を撮影しようとデジタル一眼カメラ(Nikon D50)を購入。
それまでカメラをまともに触ったことも無かった人間が、デジイチを使ってしまったのが間違いの始まり。
D50(入門機)から吐き出される画像の美しさにやられ、カメラにハマる。
練習がてらに野良猫撮りをはじめたのが、第二の間違いの始まり。
気づくと、野良猫一直線。

撮影場所:
都内の繁華街と下町がメイン

撮影スタンス:
猫達の魅力は、愛らしい仕草や表情を持ちながら、野生動物と同じ姿態を持つところ。
コンクリートで覆われた東京の街は、野良達にとってジャングルと同じ。
都会で生きる彼らの姿を野生動物を撮るのと同じ様な視点で撮ってみたい。
彼らの日々の営みの中に彼らのホントの魅力が詰まっている。
そんな想いを持ちながら猫の姿を見つめています。

使用機材:
 カメラ 
  ・Nikon D300

 レンズ
  ・Ai AF DC Nikkor 135mm F2D
  ・Ai AF Nikkor 50mm F1.4D
  ・Ai AF Nikkor 35mm F2D
  …

b0157751_11234450.jpg

[PR]
by nekogatari | 2008-07-12 11:25 | H2