写真で綴る野良猫達の物語


by nekogatari

カテゴリ:H2( 71 )

大きな背中(H2)

b0157751_21411248.jpg

温和で優しいオス。
丸みのある彼の背中は、なんとなしに温かさを感じさせる。
[PR]
by nekogatari | 2008-10-14 21:41 | H2

待ちぼうけ

b0157751_2353320.jpg


雨の中、いつもの場所で。
あの人を待ち続ける。
[PR]
by nekogatari | 2008-10-08 23:07 | H2

物陰 (H2)

b0157751_19132425.jpg


人々が気にも留めない存在でも。
しっかりと生きている。
[PR]
by nekogatari | 2008-10-03 19:14 | H2

かくれんぼ (H2)

b0157751_22244332.jpg


[PR]
by nekogatari | 2008-09-26 22:37 | H2

祝福 (H2)

b0157751_2117364.jpg

誰からも祝福されるわけではない、小さな命。
でも、この街は彼らの存在を祝福してくれているようだ。


[PR]
by nekogatari | 2008-09-21 21:18 | H2

小さい空 (H2)

b0157751_1153247.jpg

雑居ビルが密集した隙間のような路地。
陽の差すことがほとんどなく、まるで井戸の底のように暗い。

ここで生まれた彼にとって、空はいつも小さく、そして遠い。
[PR]
by nekogatari | 2008-09-15 12:06 | H2

出陣 (H2)

b0157751_14292724.jpg


日が沈み、夜の街が目を覚まし。
猫たちの時間が始まる。


[PR]
by nekogatari | 2008-09-08 14:30 | H2

母子の時 (H2)

b0157751_2071576.jpg



[PR]
by nekogatari | 2008-09-02 20:08 | H2

母の顔 (H2)

b0157751_2184235.jpg


数ヶ月前は頼りなさげな表情をしていた君。
ちょっと弱々しげで、この都会で生きていけるか心配でした。

気づくと、可愛い子猫を連れている。

以前なら、人がちょっと近づくだけでビクビクしていたのに。
今では、子供達の安全を見届けるためジッと動かず目を配るような強さを見せるようになって、ビックリしたよ。

よかった。
もう心配は不要だ。
立派なお母さんになったんだもんね。


[PR]
by nekogatari | 2008-08-27 21:12 | H2

青信号 (H2)

b0157751_9304234.jpg


交差点の手前で車が止まれば、ここを渡っても良い。
感覚と経験により身につけた、彼なりの交通ルール。
足の運びに焦りが見えないのは、自分の感覚を信じている証。


[PR]
by nekogatari | 2008-08-19 09:33 | H2