写真で綴る野良猫達の物語


by nekogatari

カテゴリ:H2( 71 )

葉隠れ(H2)

b0157751_21511893.jpg

[PR]
by nekogatari | 2009-03-26 21:51 | H2

雨上がりの街角(H2)

b0157751_20554950.jpg

[PR]
by nekogatari | 2009-03-18 20:54 | H2

興味津々(H2)

b0157751_2172196.jpg

[PR]
by nekogatari | 2009-03-03 21:08 | H2

ぎこちない挨拶

b0157751_852892.jpg

大人になりたての猫の中には、新しいテリトリーを探して移動することがある。
とはいえ、テリトリーとは餌場でもあり、たいてい既に別のグループがいる。

そっと様子をうかがい、少しづつテリトリーに入っていく。
全身に緊張をみなぎらせ、オスが動けば慌てて距離を置く。
迂闊なことをすれば、蹴散らされ二度とグループには入れない。
テリトリーの端っこで、目立たぬようにジッとしながら様子をうかがう。
こういうとき、最初に寄ってくるのは好奇心の強いメス。
身体をガチガチに固まらせながら、彼女の挨拶に委ねる。
どうやら最初の審査は通ったようだ
[PR]
by nekogatari | 2009-02-22 08:06 | H2

車列にのぞむ

b0157751_17302892.jpg

[PR]
by nekogatari | 2009-02-11 17:31 | H2

雨のち猫 (H2)

b0157751_227559.jpg

[PR]
by nekogatari | 2009-02-04 22:08 | H2

エア (H2)

b0157751_20554974.jpg

[PR]
by nekogatari | 2009-01-27 20:50 | H2

猫とカラス (H2)


[PR]
by nekogatari | 2009-01-15 20:15 | H2

宝探し (H2)

猫の写真を撮るというのは、宝探しに似ている。
b0157751_20371660.jpg

宝が埋まってそうな場所を見つけると、目を凝らして宝を探す。
必死になればなるほど、宝はなかなか見つからず。
諦めかけたときに、ふと自分の足元に宝が落ちていることに気づいたり。

その日の成果を整理していると、思いがけないような写真を見つけることもある。
そんな写真たちは、自分の心の中の宝箱にしっかりと残っていく。

写真展、なんてのは初めての経験だけど。
おそらく、そうやって見つけた宝物たちを皆に見てもらう場所なんだろうな。
それがグループ展ともなると、他の二人もそれぞれの宝物を持ってくるということだ。
彼らはどんな宝物を見せてくれるのだろう。
きっとステキなものなんだろうな。

私がこんなにワクワクするのだから、きっとみなさんもワクワクしてるんだろうな。

そして、みなさんの宝物が増えるとうれしいなぁ。
[PR]
by nekogatari | 2009-01-08 20:24 | H2

晴れわたる (H2)

b0157751_11384014.jpg

Blog開設から、おおよそ半年。
ほとんどその場のノリで開設して、運営のことなんてまったく考えていなかった。

最初は、適当にやっていくつもりだったのに、妙に勢いがでてしまい気づくと流れができていた。
流れはまっすぐではなくて、それなりに蛇行し迷走しつつ。
それでもやっぱり流れていく。
独りでやっていれば、もしかしたら途中で投げ出してしまうかもしれない。
でも、自分がとまっているときも、他の二人が流れを止めない。
不思議と、その流れる方向に安心感がある。
だから、その流れにのっかるだけでいい。
すると、止まっていると思っていた自分自身もなんだか流れの中にいることに気づく。
流れはまだまだ続いていくようだ。
その先になにがあるのか、自分達もわからない。

でも不安はない。
おそらく面白いことが待っているだろうから。
[PR]
by nekogatari | 2008-12-28 11:39 | H2