写真で綴る野良猫達の物語


by nekogatari

blue moment (Hoshino)

b0157751_053667.jpg



なぜ野良猫の写真を撮るのかって?

一言で言えば、「私が見たいと思う野良猫の写真が、何処にも無いから」です。

もちろん撮り続ける内に、色々な事が見えて来ます。

理想を言えば、私達の撮影対象になる猫(外で暮らさざるを得ない猫)がいない時代が来れば良い。 でも、現実はそうじゃない。 だったら、私達が見た事実を淡々と、そして私達写真を撮る者にしか見えない視点で「映像」として残したい。 理屈は後からついてくるんです。

日本の「猫の写真集」って「ムック」ばっかりでちゃんとした「写真集」が殆んど無い。
過去10年振り返っても、きちんと作られた猫写真集って、武田花さんの 「猫 TOKYO WILD CATS」 位かな。(あの巨匠の猫写真でさえ、ペラペラのムックで出版されちゃうんですから、、、残念です。) 猫の写真が完全に消耗品として扱われていますね。 これじゃ夢が無いですよね。

書店で夢が売ってないんだったら、「自分で撮るしかない」でしょう?

(*既存の本が悪いって言ってるんじゃないですよ。私が買いたいと思う写真集が無いって事ですからね。)
[PR]
by nekogatari | 2008-08-06 01:25 | Hoshino